読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠近 ochi-cochi

今日も今日とて花逍遥

aoniyoshi

奈良県宇陀郡曽爾村大字太郎路 曽爾高原。 ススキスキーにはたまりません。 今日も今日とて花逍遥。 その者蒼き衣をまといて金色の野に降り立つべし・・なんて。 室生赤目青山国定公園第一種特別地域、だってさ。 ここに居ると遠近感やスケール感が分からな…

Aoniyoshi

奈良の友人に会いにJR神戸駅の始発に乗って、 近鉄奈良駅に到着したのが7時。 鶴橋駅で近鉄奈良線に乗った頃はまだ空は真っ暗だった。 石切辺りで大阪平野が一望出来るところまで来ると、 空が少し紫色になり、生駒トンネルを抜けると、 笠置山地の稜線が荘…

Aoniyoshi

ちょっと前のコトだけど この日は奈良で花逍遥 まだ麦の青いころ 藤花観に出掛けた春日大社神苑 萬葉植物園にて 一団の風をうけ揺れる紫蘭 菖蒲。奥に太鼓橋とつつじ ホントだ、杜若は折り鶴に似るね シャガ 栃ノ木の大きな葉は散華のようです 臥竜の一位樫 …

Aoniyoshi

青丹よし 奈良の都は 咲く花の にほふがごとく 今盛りなり とは言えもう皐月の上旬、春日の杜の春を思い出す 今日も今日とて花逍遥 春日大社は藤の盛時 直会殿の桧皮 鶯のさえずりに心が雀躍します 藤垂るる 藤垂るる 砂ずりの藤 西回廊 緋色の柱に暫し心遊…

Aoniyoshi

藤の写真を撮っていた頃はまだ涼しかったけれど、 昨日は神戸も気温がグングン上昇中した。 まだ暑さに慣れていないから草臥れた。 関西では神戸はまだ涼しい方なんだけどね。 それでも神戸は今日も27度になるらしい。 って「27度くらいで何言ってんだ!」っ…

Aoniyoshi

遠近 ochi-cochi 藤花まつりも終盤になりました もうすこしおつき合いくださいませ では、今日も今日とて花逍遥 きょうもご高覧いただきありがとうございました

Aoniyoshi

きのうは薔薇をご覧いただきました きょうはまた藤花をご覧いただきます 代り映えいたしませんが、では、 今日も今日とて花逍遥 今日もご高覧いただきありがとうございました

Aoniyoshi

代り映えいたしませんが、 『 遠近 ochi-cochi 藤花まつり 』のんびりつづきます。 では、今日も今日とて花逍遥。 本日もご高覧いただき、ありがとうございます。 ではまた明日。 つづく ^^

Aoniyoshi

ゆっくり歩いて 空を観る 木漏れ日の歓迎 立ち止まって 花を観る 花漏れ日にかこまれる 目をとじて 杜に漂う香りを聞く 冴える冴える 胸いっぱいに吸い込む からだじゅうの細胞がよろこんでいる 来年もまた来られますように こもれびかもれび〜♬ 願いを叶え…

Aoniyoshi

遠近 ochi-cochi 藤花祭り 春日の杜の藤のかおり 棚仕立ても良し 山藤も良し 紫も良し 白も良し では、今日も今日とて花逍遥 熊蜂じゃないよ、小丸花蜂だよ ^^ またあした ^^

Aoniyoshi

春日大社にお参りです 新緑に吸い込まれます 棚に藤 森に藤 朱赤、新緑、緑青、藤紫、 藤花に魅せられた初夏の一日でした 神の使いのお見送り 古の都には無かった色ですね ^^ 仏教美術資料研究センターの枝垂桜の木の静かな新緑 仏教美術資料研究所と改名し…

Aoniyoshi

藤 藤 藤 見上げても藤 藤棚は低く仕立てたり高く仕立てたり 神籬 Himorogi の様にもに見えます 藤棚は神のよりしろなのかもしれません 八重咲きの藤花は両手でふわふわしたくなります ^^ 九尺の枝垂れ藤はやんごとなきお姿 風の色は紫 初夏に馳せる盛夏の風…

Aoniyoshi

盆藤展ですっかりご機嫌になりまして、 続いては春日大社神苑の『万葉植物園』へ。 旧世尊院を出ると路地から出て来たのは人力車の車夫。 仁王さんもビックリの健脚。爽やかな笑顔。 よっ!日本男児!男前! 立派な石灯籠が参拝者を出迎えてくれます 神様の…

Aoniyoshi

奈良 旧世尊院にて盆藤展のつづきで御座います 絶妙 白藤白鷺 板襖の襖絵も可愛らしい 食べちゃ駄目だよぉ 豪華絢爛で御座います 藤花の滝 庭では花水木も満開でした 初夏の新緑が室内を優しく彩ります 来年も楽しみです では、春日神社へ つづく ^^

Aoniyoshi

盆藤展 国際奈良学セミナーハウス 旧世尊院にて 世尊院は桃山時代に興福寺の子院として建てられた客殿 客殿の中はどの部屋も藤の香りで満たされています お見事 満開の藤、紫色の妙 藤にこんなにたくさん種類があるとは 始めて見ました八重の藤花 藤の花の …

Aoniyoshi

古の都、初夏の奈良はいい天気 ^^ 純白に咲き始め、花紅に移ろう、奈良八重桜 Naranoyaezakura 藤と競うように咲いていました。 つづく ^^