遠近 ochi-cochi

今日も今日とて花逍遥

ochi-cochi

Hmeji

兵庫県姫路市 書写山 圓教寺 shoshazan-enkyouji きょうは姫路で花逍遥 仁王門 如意輪観音菩薩 鬼瓦 摩尼殿 大講堂 食堂 大日如来 食堂より大講堂を望む 左甚五郎作と伝えられる力士の彫刻が屋根を支える おまけに白鷺城(姫路城) 姫路市立美術館にて『 Luc…

Okayama

倉敷美観地区にひきつづき岡山城へ この日はお城で花逍遥 烏城の美しい黒板 堀川の旭川に架かる月見橋を渡って後楽園へ 鵜と白鳥 月見橋からの眺め 後楽園の水田 もうすぐ頭を垂れるかな どこから観ても・・ 後楽園を後に岡山神社 阿 吽 随神門 三間一戸の八…

Kurasiki

久し振りに倉敷美観地区をぶらり この日は倉敷で花逍遥 晴れた晴れた 芙蓉の花も眩しそう この日は夏のように暑かった この日が夏の終わりだった 大原美術館 豪華なファサード 紅殻は好きな色 白い海鼠が青空に映えます 晴れの国は爽やか 倉造りはタフな美し…

okayama

岡山駅前の広場にて・・も〜もたろさん♬ 岡山駅はいいね、在来線と新幹線が同じ駅だから便利だね 大阪駅と新大阪は離れているけど同じJR京都線上に在るからまだマシさ 新神戸なんて、三宮から神戸市営地下鉄に乗換ないといけない 時々、神戸駅で「すみません…

setouchi

きょう関東は10月並みの気温になったとか 神戸も朝晩はずいぶん過ごしやすくなったけれど もうそろそろ涼しくなってほしいな 暑いのはもう飽きたよ では。きのうと代り映えしないけど・・ 小豆島からの帰りのフェリーにて 私のコートダジュールです ^^ 視界…

shoudoshima

岡山駅からバスに乗って新岡山港へ。 風が気持ちいい。クルージングには好い空だ。 両備フェリーの、にゅうオリンピア号に乗り込み・・ 小豆島にむけて新岡山港を出港します 最上階のデッキに一番乗り! 漁船の引き波も白い雲も爽快! 同じ両備フェリーのオ…

shoudoshima

真言宗高野山派 王子山 蓮華院 西光寺 日陰を探してちょっと寄ったお寺 掃除の行き届いたお寺です ささやかな心づくしを感じました この島の信仰の心は真面目で真っすぐです この日は島で花逍遥 百日紅の差す色が涼をもたらしてくれました。 南無大師遍照金…

shoudoshima

三十年ぶりの小豆島は、この日も眩く輝いていました 椰子の木がおいでおいでと呼んでいる フェニックスに何かが寄生してる ココまで来ると仲良しなんでしょう エンジェルロード 瀬戸内海の真珠とな・・

Kyotango

京丹後市網野町 夕陽ヶ浦 Exodus の海の家 TheBeachdus. お友達のお友達の経営する海の家。 居心地抜群。昼間から夜までひたすら海を眺めて飲む飲む。 リラックススタイルで大人の贅沢日曜日。 波音。ビール。潮風。ビール。夕陽。ビール。 極楽 極楽・・dew…

Takarazuka

清荒神の帰り道 宝塚 武庫川の河川敷。 息が弾む。 青い空。白い花。きれい。 この色、この空気、この香り、胸いっぱいに吸い込んで、 ボクが少しだけ透明になる。 ホントは、みつばちだらけなのさ ^^ きれいな空。 はぁ。 宝塚は日暮れが早い街。 暗くなる…

Kawachi no kuni

霊山 生駒山 山麓に信仰を集める『 石切劔箭神社 Ishikiri tsurugi jinjya 』 昔から『でんぼ(腫れ物)の神さん』として親しまれ『石切さん』と呼ばれます。 参道には漢方薬店や土産商店、拝み屋さんの占いなどが並びます。 はなかなかの混沌具合が面白いで…

Sanuki

香川県 善通寺市のつづき ^^ 天台寺門宗 鶏足山 宝幢院 金倉寺 Konzoji 四国八十八箇所霊場の第七十六番札所 金倉寺は、弘法大師の甥で天台宗寺門派の開祖 『智証大師』が誕生した地。 金堂 本尊は薬師如来 獅子の子落し? 信心も厳しいものなのですね。 ち…

Sanuki

善通寺のつづき。 気持ちいい晴れ、気持ちいい風、気持ちいい五色幕。 お遍路さんは仁王さんに健脚祈願。 天井の千社札ってよじ登って貼るのかな? 大きな白い仏塔に雀、見える? 右の尖ったところ ^^ 香川県の天然記念物は樹齢千数百年の大楠。 弘法大師 空…

Sanuki

真言宗善通寺派総本山 屏風浦五岳山誕生院 善通寺(香川県) 弘法大師 空海ご誕生所です 幼名は、佐伯 眞魚 さえき の まお 佐伯さんだったんですよ ^^ 五重塔 金堂、本尊は薬師如来 お遍路さん以外にもたくさんお参りに来られています 銅製の水盤の蓮、緑青…

Shukugawa

夙川は葉桜 沸き立つような若葉の勢い 八重は満開、豪華な餅花 ^^ 里桜のほわわわわ〜ん ^^ 歩いて渡れそうな花筏 「ここだけ咲いてる〜♬」と走り抜けて ^^

Kinokuni

和歌山城 虎伏山 Torafusuyama にそ聳える天守閣 温暖な和歌山、桜は葉桜に ぼんぼりが名残惜しい 防備を超えた美しい石塁 南海の鎮は春の陽気

Nagahama_bonbaiten 2nd

奇麗な湖、奇麗な山、奇麗な空。湖北はまだまだ寒いです。 神戸の寒さとは寒さの質が違います、空気の芯が引き締まっています。 寒風が鋭利で皮膚と筋肉をつらぬいて、骨が寒い、骨髄が寒い。 耳と鼻と後頭部と手の指先が他人のようです。 と言いながら寒い…

Nagahama_bonbaiten 2nd

身を切るような冷たい風が湖面を走って来ます 水ぬるむにはまだまだ寒い琵琶湖です ん!? なんかいっぱいいるぞ! 寒くないのかな? 天然ダウンだから寒くないんだね ^^ 風が強くてカメラを構えた体ごと持って行かれそう ぶれるぶれる よくそんな所に止まって…

Nagahama_bonbaiten 2nd

まるで映画のセットです 高倉健、渥美清、藤山寛美、山田花子 ^^ では、ちょっと失礼して、おとなのおやつおば ^^ つづく ^^

Nagahama_bonbaiten 2nd

長浜タワービル Nagahama Towerbill bill は多分スペルミス ^^ 昭和の香りがぷんぷんします ちょっと曲がってるよね ^^ 長浜のメインストリートにあって 特に異彩を放ってる訳でもなく まあまあ馴染んでるのが不思議 つづく ^^

Nagahama_bonbaiten 2nd

ちょっとコーヒーブレイク ^^ 実はこのコーヒーショップこの日で3度目 A GOOD CUP OF COFFEE 今では珍しい喫茶店のマッチ箱 由緒在る珈琲店なんですよ COFFEE HOUSE MUSCAT つづく ^^

Nagahama_bonbaiten 2nd

長浜の街、奇麗な空。 長浜の街、奇麗な空を泳いで行く水鳥。 つづく ^^

Nagahama_bonbaiten 2nd

琵琶湖の水上交通で活躍した舟の解体で出た古材は今は旧家の船板塀 曳山祭りの子供歌舞伎の像 長浜の繁栄の名残り 町家の塀に明治時代のガス灯がまだ残っています 続く^^

Nagahama_bonbaiten 2nd

シンメトリの石橋と門にアシンメトリの松の枝 慶雲館の石橋と門、明治天皇もこの門をくぐられたのでしょうか 表門を入って中門の前にある巨大な石灯籠は高さ約5メートル さて、盆梅も堪能させていただきました 長浜の街散策でもしますか つづく ^^

Nagahama_bonbaiten 2nd

満開です。 精魂が込められています。 今回、長浜盆梅展に再訪し まだ硬い小さなツボミの頃と 満開になった姿を両方見ることができて堪能しました 小さな幼い梅から、若々しい勢いのある梅 よもやその姿から咲くとは思えない老木に満開の花 樹齢二百年にもな…

Nagahama_bonbaiten 2nd

つづく ^^

Nagahama_bonbaiten 2nd

咲いたね 産衣を着た赤ちゃん梅、ちょっとお姉さんになったね ^^ 棚飾りの盆梅もこんなに小さいのに咲くんだね 梅一枝、枝垂れているのがアクセント 再訪問お勧めですよ、ホント ツボミの頃を見ているので、感動も一入です 持って帰ったろうか!なんて ^^ 美…

Nagahama_bonbaiten 2nd

花が咲くと掛け軸も引き立ちます 空間が引き締まっています 盆梅色々、楽しみ方も色々、いとをかし ^^ つづく ^^

Nagahama_bonbaiten 2nd

長浜盆梅展、再訪してまいりました どれもこれも見事に咲いて、見応え満点です ツボミの頃からは想像できないくらい豪華です 品の良い香りが部屋いっぱいに漂っています 実は前回より入館者も多くて撮影するのも大変です ^^ みんな楽しみにしてたんだね ^^ …

Nagahama_bonbaiten

帰りの車窓に夕映えの伊吹山 戦国時代、幾多の合戦を観て来た山の向こうは 岐阜県 関ヶ原、兜の様で勇ましい山に見えて来ました 往路は吹雪いていて伊吹山は雪雲の中でした 猛々しい山ですが春は山一面お花畑です ^^ 美しい伊吹山の雄大な景色も堪能できまし…

Nagahama_bonbaiten

長浜駅、絵になるね〜 ^^ 雪景色の駅ってなんだかドラマチックだよね 温暖な街に住んでいるからそう思うのかな レールを見ているとどこか遠くへ行きたくなったり 知らない街に行きたくなったりしませんか? でも時々むしょうに帰りたくなったりもする さて帰…

Nagahama_bonbaiten

さて盆梅展、堪能させていただきました 帰りにお庭で雪達磨をつくりました 高さ約8センチ、鼻と目はお庭の南天の実です ^^ また来るね ^^ つづく ^^

Nagahama_bonbaiten

松尾芭蕉の句碑 奥の細道とは無関係だが日本最大の芭蕉句碑 「蓬莱に きかはや伊勢の 初たより」 芭蕉 と刻まれる 蓬莱は、正月の飾りのこと。三又松や松竹梅、門松や鏡餅などを言う 勝手な解釈ですが「正月に蓬莱飾りに耳を寄せれば、 伊勢神宮より清らかな…

Nagahama_bonbaiten

二階に上がるとお抹茶の香り ^^ 窓の外はまた雪 雪吊りの縄が幻想的でした 飛び石は曲げた直打ちと二連打ちを混合していて 足元の植木に自然に目を引き また遠くの高木も自然に眺められる 二階の窓から見ても庭に奥行きと立体感を感じる 濡れて光る飛び石が…

Nagahama_bonbaiten

しかし大胆な構図です西洋にはあり得ない造形です 狩野山雪の老梅図を思い出しました 無駄を極限まで削ぎ落とし極めて身を持する様は 一見恐ろしく感じる事もあります また西洋人は命がある植物を虐めている!なんて言うのだろう だが西洋の宗教観では人間以…

Nagahama_bonbaiten

こんなのひとつ欲しいな ^^ つれて帰りたくなるよ ^^ 手のひらに乗る大きさで鉢も可愛い 木製の花台もぬくもりがあって 産衣を着た赤ちゃん梅です ^^ また背景の建具は花肘木の飾り細工が出色です 盆栽展奥深し 日本に生まれてよかった ^^ つづく ^^

Nagahama_bonbaiten

近寄って見ると良い香り ^^ 梅の花は完全開花した朝が一番香気を放つ 官能的な梅香も楽しみたいなら朝イチだね 開館は9時だぞ、早起きだぞ ^^ でも梅はツボミも甘く香るぞ ^^ つづく ^^

Nagahama_bonbaiten

障子に映る軒の影が時の移ろいとともに 花器や梅の表情を変化させます 弁柄色の漆喰に床板は漆黒で差し込む陽光を押さえ込む誂え 障子紙には廊下に敷かれた毛氈の赤が差します 床板の漆黒の艶といい毛氈の色映りといい 間接的に梅を引き立てています 初春の…

Nagahama_bonbaiten

素晴らしい芸術です、丹誠を込めるとはこの事です 枝振り、花付き、苔、鉢、剪定、どれをとっても素敵です 梅の木肌は一見猛々しく見えますが 水の流れるがごとく実に優美な姿です 他にも箱飾りや軸合わせ、三点飾りなど いろんな展示が楽しめます ね、ツボ…

Nagahama_bonbaiten

吹雪が一転青い空 ^^ 明治時代京都で行われる孝明天皇御式年祭へ行幸される 明治天皇の行在所として 長浜の実業家 浅見又蔵が建設 慶雲館 館名は伊藤博文の命 本庭の池泉回遊式庭園は国の名勝 名匠7代目小川治兵衛の作で近代日本庭園の傑作です 雪吊りの景色…

Nagahama_bonbaiten

廊下側の硝子障子が実に綺麗に磨かれています ^^ ボランティアの精鋭が磨いてくれているのだそうです 雪映えの庭の松葉の緑が清々しいです 日本一の盆梅展を陰で支えるボランティアのみなさん、 ありがとうございます! 2月8日から盆梅のライトアップが始…

Nagahama_bonbaiten

駅から徒歩3分で会場の慶雲館 梅は全体で一部咲き、まだまだ硬いツボミがつぶつぶしてます ちょっと寂しいけど枝振りがよく見えてカッコイイです まるで立ち枯れて樹皮だけになったような木に花が咲いてる 梅ってカッコイイ 満開になったら良い香りがするん…

Nagahama_bonbaiten

長浜盆梅展の巻 神戸から長浜まで片道2時間の電車旅 乗換無しで行けます 車窓は京都からずっと雪景色 山科駅を過ぎてから車内の暖房が効かない…。 昼過ぎ長浜駅に到着 鈍色(にびいろ)の空に穴があいていた そこにいるのは分かってるんだぞ!出て来い太陽 …

Tanba sasayama

昼になると寒さも少し和らいだ それにしても立派な屋根 風雪に耐え家を守ってるんだ それでも日陰はまだ凍ってる 春にはいい土になりそうだ もう既に腐葉土のいい臭いがしてる 帰り道、坂道も凍ってる ザクザクゆっくり滑らないように気をつけて 振り返ると…

Tanba sasayama

友人作 朝日を浴びる雪達磨様 ^^ 翌朝凍った薪は硬くてナタの刃が入らない 段々畑も凍っていた それでも火は熾さねばなるまいと かじかむ手で力一杯ナタを振り下ろす さあ、釜戸に火を焼べ朝飯の支度 お、みんなゾンビのように起き出して来た ^^ 昨日釜にこ…

Tanba sasayama

丹波篠山の山深い里、あと1Kmも行けば車道が無くなる所 段々畑の農道を登って行くと一軒の茅葺き屋根の古民家 軒に氷柱を携えた築260年の風格は 一宿の期待を膨らませるには充分のビジュアル 土間、囲炉裏、釜戸、五右衛門風呂、タイムスリップ 山間の里…