読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠近 ochi-cochi

今日も今日とて花逍遥

sora_iro

ある日の日没、奇麗な空。

sora_iro

ある日の夕方、奇麗な空。

sora_iro

ある日の夕方、奇麗な空。

sora_iro

ある日の夕方、奇麗な空。

sora_iro

ある日の午後、奇麗な空。

sora_iro

ある日の日没、奇麗な空。

sora_iro

ある日の夕方、奇麗な空。

sora_iro

ある日の昼過ぎ、奇麗な海。

sora_iro

ある日の午後、奇麗な空。

sora_iro

ある日の午後、奇麗な空。

sora_iro

ある日の夕方、奇麗な空。

sora_iro

ある日の午後、奇麗な空。

sora_iro

ある日の午後、奇麗な空。

sora_iro

ある日の昼下がり、奇麗な空。

sora_iro

ある日の午後、奇麗な空。

sora_iro

ある日の午後、奇麗な空。

sora_iro

ある日の午後、奇麗な空。

sora_iro

ある日の午後、奇麗な空。

sora_iro

ある日の夕暮れ、奇麗な空。

sora_iro

底引き網漁船が夕暮れの海を帰港します ゆっくりゆっくり走る漁船の トルクのかかったエンジンの重低音が 太鼓のように海面を叩きます それは『響』というより『轟』です 胸や頭蓋骨を奮わせ、心を沸き立たせます ある日の夕暮れ、奇麗な空。奇麗な海。

sora_iro

ある日の夕暮れ、奇麗な空。

sora_iro

ある日の日没、奇麗な空。

sora_iro

ある日の昼下がり、奇麗な空。

sora_iro

ある日の昼下がり、奇麗な空。

sora_iro

ある日の夕方、奇麗な空。

sora_iro

ある日の日没、奇麗な空。