遠近 ochi-cochi

今日も今日とて花逍遥

Kobe calling

紫陽花まつりはまだつづく。

神戸の六甲山は紫陽花の生育に適しています。

六甲山の主な構成地質は花こう岩類です。

そのため真砂土は排水がよく紫陽花に適しています。

六甲山は海に近いので、海風が吹いて湿った空気で覆われます。

麓の市街地は晴れてるのに、山は雨が降っていたりします。

よく霧もかかります。

花こう岩質中の土壌水分は、酸性です。

そのため、六甲山中に多いヤマアジサイ系の紫陽花の色は、

とても澄んだ青色に発色します。

この条件は生育の適性に直接寄与するものではありませんが、

その美しさが、六甲山のあじさいの名声を、

より大きなものにしているのでしょう。

参考資料 公益財団法人 神戸市公園緑化協会 H.P.

では、今日も今日とて花逍遥。

f:id:ochi_cochi:20150623195529j:plain

 

f:id:ochi_cochi:20150623195547j:plain

 

f:id:ochi_cochi:20150623195607j:plain

 

f:id:ochi_cochi:20150623195641j:plain

 

f:id:ochi_cochi:20150623195703j:plain

 

f:id:ochi_cochi:20150623195729j:plain

 

f:id:ochi_cochi:20150623195757j:plain

 

f:id:ochi_cochi:20150623195806j:plain

 

f:id:ochi_cochi:20150623195844j:plain

 

f:id:ochi_cochi:20150623195851j:plain

 

f:id:ochi_cochi:20150623195900j:plain

 

f:id:ochi_cochi:20150623195910j:plain

 

f:id:ochi_cochi:20150623200010j:plain

 

f:id:ochi_cochi:20150623200032j:plain

 

f:id:ochi_cochi:20150623200549j:plain

この上のブルーの紫陽花と、下のピンクの紫陽花は、

色違いの「ダンスパーティー」って品種の紫陽花なんだって。

かわいいね、花びらがドロップみたい。

f:id:ochi_cochi:20150623200042j:plain

紫陽花の花言葉って誰が考えたの?

一体全体。花言葉って誰が考えたの?

ある程度知っているけど…。

まるで想像力のない「言葉」だね。ガッカリだ。

脳(思考)にスタミナのない人だな。きっと。

誰だっていいけど、ボクには合わないね。

そもそも「良い言葉」と「悪い言葉」が必要?

紫陽花は自分のコトを「移気」だなんて思ってないよ。

優しい、美しい、凛々しい、嬉しい、良い言葉ばかりで、

いいじゃないかぁ〜〜〜〜〜〜〜〜! 笑。

あ。ひとり言なので気にしないでくださいな。

 

明日は紅い紫陽花を並べようね。

つづく。