遠近 ochi-cochi

今日も今日とて花逍遥

Kobe calling

 

余震続く最中、被災地を襲う寒波。

雪ちらつく避難所の夜空に、焚き火の火の粉が舞う。

被災者はそれでも夜空に輝く満月を仰ぎ見み美しいと言った。

青いブルーシートに包まれた被災地に春が訪れ、桜が咲いた。

家族を失った者も、家を失った者も、桜を見て美しいと言った。

震災後半年が過ぎ、初夏になり、そこここに紫陽花が咲くと、

避難所や仮設で暮らす人たちが、紫陽花に水やりをした。

紫陽花の周りには井戸端会議に興じる母親たちと、

如雨露を持って走る子供達がいた。

避難所に吹く温かい風に揺れる紫陽花を見たとき、

神戸は少しずつ元気になっていると思った。

 

その光景が目に焼きついて・・以来毎年紫陽花が咲くと嬉しい。

 

神戸市の「市民の花」が紫陽花だと知ったのは、

震災後10数年も経ってからだた。

神戸市の「市民の花」が紫陽花になったのは、

神戸市政30周年を記念して、広く市民からアンケートを募り、

1970年(昭和45年)5月27日に、当時の神戸市長をはじめ、

神戸新聞社主催の選定委員会で決定した。

などと「市政だより」に書いてあったと思う。

もちろん、他の都市でも紫陽花はたくさん咲くけれど・・

神戸市では山や街のいたるところに紫陽花が咲き、

神戸市固有種の紫陽花もあり、紫陽花の研究施設もある。

たくさんの種類の紫陽花を観察できるのも、

神戸ならではなのだ。

では・・今日も今日とて花逍遥。

 

f:id:ochi_cochi:20180613141100j:plain

 

 

f:id:ochi_cochi:20180613141111j:plain

 

 

f:id:ochi_cochi:20180613141123j:plain

 

 

f:id:ochi_cochi:20180613141136j:plain

 

 

f:id:ochi_cochi:20180613141204j:plain

 

 

f:id:ochi_cochi:20180613141221j:plain