遠近 ochi-cochi

今日も今日とて花逍遥

Kobe calling

今日も今日とて花逍遥

グバグバと音をたてて風に煽られる蓮の葉の合間に

蒲の穂を追い越し、すくと伸びた蓮華宝珠

f:id:ochi_cochi:20140709175256j:plain

重なり合った葉の下は薄暗くて、少しだけ気味が悪い

誰かがこちらの様子をうかがっているように感じてしまう

f:id:ochi_cochi:20140709175304j:plain

雨水が転がり滑り落ち、太鼓にバチを落したようにトルルルと鳴る

きらめく水晶のような水玉が、暗がりが奥深い事を教えてくれる

f:id:ochi_cochi:20140709175316j:plain

水を吸い上げる維管束の振動が水面を振るわせる

大きな蓮の葉は日光で急激に水がぬるむのを妨げている

f:id:ochi_cochi:20140709175325j:plain

梅雨の合間の薄曇り、日の出も朝焼けもない朝の空

湿気を帯びた水面の空気が肌にひんやり触れている

f:id:ochi_cochi:20140709175333j:plain

群生した蓮の葉こそが蓮池の風景

風に揺れてざわめいて、主役を食う存在感

f:id:ochi_cochi:20140709175411j:plain

それでも蓮華も負けてはいない

その色気と香気は静かに黒い水面を漂う

f:id:ochi_cochi:20140709151620j:plain

風が止まると異様な静寂

水面が黒い鉄のように硬く見える

f:id:ochi_cochi:20140709175710j:plain

そこに行ってみたくなるのは、蓮華に誘われているのか

それとも闇に引き込もうとしているのか

f:id:ochi_cochi:20140709175807j:plain

神々しく光を放ち、強烈な印象を差し出して来る

思わず合掌してしまいそうな、蓮華の妙