読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠近 ochi-cochi

今日も今日とて花逍遥

Aoniyoshi

青丹よし 奈良の都は 咲く花の にほふがごとく 今盛りなり

とは言えもう皐月の上旬、春日の杜の春を思い出す

今日も今日とて花逍遥

f:id:ochi_cochi:20150612115201j:plain

春日大社は藤の盛時

f:id:ochi_cochi:20150612115214j:plain

直会殿の桧皮 鶯のさえずりに心が雀躍します

f:id:ochi_cochi:20150612115226j:plain

藤垂るる   藤垂るる   砂ずりの藤

f:id:ochi_cochi:20150612115235j:plain

西回廊 緋色の柱に暫し心遊ばせる

f:id:ochi_cochi:20150612115252j:plain

林檎の庭の社頭の大杉

目通り周囲8.7m、高さ25m、樹齢約800年~1000年。

700年前の『春日権現験記』に幼木の姿で描かれているんですよ。

権禰宜が教えてくださいました。

f:id:ochi_cochi:20150612115302j:plain

東回廊の外は御蓋山浮雲峰   神宿る山に藤が降る

f:id:ochi_cochi:20150612115351j:plain

参道に二千基ある中にただひとつ、

台座に牡鹿と雌鹿が巴に彫られた石灯籠。

上が南側から見た牡鹿、下が北側から見た雌鹿。

f:id:ochi_cochi:20150612115400j:plain

特別参拝で、御本殿と御蓋山浮雲峰遙拝所での参詣を許されました。

神の宿りを目の当りにして身の引き締る思いです。

f:id:ochi_cochi:20150612115343j:plain

あ。お邪魔しました。

ではまた。