読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠近 ochi-cochi

今日も今日とて花逍遥

Kobe calling

 

街中が鈍い光に濡れている

天は絶えず喉を開き唸り声をとどろかせている

体の中に内在する不協和音と共鳴しているようだ

湿雪を落とす泥のような空から身を縮めて逃げ帰る

手が凍えて靴紐が解きにくい

今日はもう巣から出るまい・・

そう小声で言いながらコートを脱いだ

湯を沸かす薬罐で凍えた手を溶かす

かざした手はすぐさまジンジンとして

チクチク痒く血が通ってくるのが分かる

呆然として浅薄な考えが浮かんでは消える

ふと瓦斯の炎を凝視していたことに気づく

珈琲豆を挽き湯を落とすと忽ち部屋は芳ばしい香りで満たされる

ひと口ふた口暖かい・・み口よ口体も溶ける

窓をうつ北風に恐怖する夜

どこからか冷たい空気が侵入している

気をつけなきゃ・・また夜が入ってくる

今日はもう巣から出るまい・・

 

f:id:ochi_cochi:20170210120700j:plain

 

 

f:id:ochi_cochi:20170210120711j:plain

 

 

f:id:ochi_cochi:20170210120718j:plain