遠近 ochi-cochi

逍遥録

sabi

Kobe calling

梅は咲いたか・・櫻はまだかいな・・

o_mamagoto

節分の残った豆で福ご飯・・鬼も喜ぶホッペも落ちる。

sukima_sou

寒波襲来に毎年思うこと・・寒いだけはイヤ。 どうせ寒いなら雪だるま作れるくらい雪が降ってほしい。 雪が積もったら早起きして足跡つけたい。 小さくていいから10個ぐらい雪だるま作りたい。 写真撮ってブログやSNSに載せたい.。 クリスマスや暑中見舞いに…

sabi

sabi

sukima_sou

久しぶりに「 隙間草 」なんかちょっと緊張する・・ あっと言う間に2月になって・・ 初午、節分、立春、春節・・神戸は2回目のお正月。 お稲荷さん、初午餅、鰯、恵方巻、福豆、豆大福、大根餅。 色々食べなあかんし・・2月もやっぱりセワシイこと。 でも…

sabi

homarecipe #65

風邪ひいていらっしゃる方も多いですね。 暖冬とはいえ一年で一番寒い時期です。 そこで良いものを教えていただいたのでコレは作らねばと・・ ホマレ姉さんの、はちみつ大根。 ホマレ姉さんの言うことにゃ・・ 「1歳未満のお子様には飲ませないでください」…

o_mamagoto

またしても小豆粥・・ さて・・早いものできょうは初天神の縁日です。 小豆には梅の形の和三盆で淡い甘味を含めまして、 白粥に添え、金胡麻、青海苔、塩昆布を遇らいました。 二月になれば、初午に節分祭・・師走よりセワシイ事。 皆さまには、お風邪などお…

shinobi

御主! 何奴!? どどん ♬

Kobe calling 1.17

o_mamagoto

小豆粥・・ 松の内は元旦から七日、十日、十五日(小正月)、 二十日(二十日正月)など、地域によって様々ですね。 わが家は、鏡開きは十一日、松の内は本日小正月の十五日で祝い納め。 という事で本日は、小豆で米を朱色に染めて、邪気を払いましょう。 善…

o_mamagoto

とろろ粥・・ まだまだ正月気分で胃を酷使していると・・ でもしっかり滋養のあるもので・・ 山芋だと粘りが強すぎてお粥と混ざらないので長芋でね。 カンタンに市販の白だしと、味を引き締めるほどに塩少々で調味。 もったりしたお粥にすると重くなるし、 …

sabi

Kobe calling

戎さん・・関西では小さい「っ」が入って「えべっさん」です。 神戸市兵庫区は、柳原蛭子神社で御座います。 全国には他にも、夷、戎、胡、恵美須、恵比寿、恵毘須、と色々ありますね。 大阪の今宮神社は「今宮戎」、総本宮の西宮神社は「西宮えびす」 まあ…

o_mamagoto

一月往ぬる・・早いものであすは初春の十日戎。 福を授かりますよう、豆に働けますよう、と願いを込めてまして。 きょうは豆粥にいたしましょう。 豆と米は別々に炊いて、すっきりきれいな味に。 大豆と黒豆はさっと炒り、小豆と一緒に固めに茹でこぼす。 土…

o_mamagoto

正月七日、七種の節供・・今朝は朝がゆ、七草がゆ。 六日の晩に「七草の歌」を歌って七草を叩く。 まな板の上で擂り粉木振ってトントン叩く。 七草なずな 七日の晩に 唐土の鳥が 日本の土地に 渡らぬ先に 七草なずなを摘み入れて ほ〜ととっと♬ ほっとっと♬ …

o_mamagoto

うすごろもで軽やかにひとまとめ・・白葱と紅生姜のかき揚げ蕎麦。 甘い白葱に小気味好いい紅生姜の辛味・・箸が進む。 生姜でも良いところ・・やはり紅生姜で味を引き締め、彩りも艶やかに。 七味をぴりりと利かして体を温める。 七味の信条は中辛で、麻の…

ochi-cochi

あけましておめでとうございます 謹んで新年のお慶びを申し上げます 旧年中は格別のお引立てを賜わり厚くお礼申し上げます 本年も倍旧のご愛顧のほどお願い申し上げます 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます 相変わらず拙いブログですが 今年ものんび…

homarecipe #64

ホマレ姉さんの言うことにゃ・・ 「玉ネギでもいいんだけど、やっぱりここは長ネギなんだよなぁ…」だってさ。 それ・・大賛成です。ってことで無性にカレーうどんが食べたくなっので・・ でも年の瀬も押し迫った事ですし、晦日って事でもありますもので、 カ…

shinobi

御主! 何奴! どどん♬ 最近よく見るつれない素振りの猫。 その日は突然ズンズン近づいてきた。 マジか!?・・カメラのピントが間に合わない。 もう構うなと言ってるのか? それともボクに興味が湧いたか・・ 真っ直ぐボクの目を見る炎のようなその目は生命…

sora_no_iro

きょうは夜が明けると神戸は深い霧の中でした。 それが午後になるとすっかり晴れて、 雲ひとつない爽やかな青空になりましたが、 その「雲ひとつない青空」というのはあまりに色気のないもので、 それにその爽やかさに些か苛立つほどでした。 日が暮れるとに…

shinobi

御主! 何奴! どどん♬ きょうもナブナブ言うばかり・・なかなか慣れてくれません。 でもちょっとだけ振り向いてくれた・・

sora_no_iro

南京櫨 唐楓 赤黄橙 いとあはれ 遠近

sabi

sabi

sora_no_iro

Kyoto

さて師走の京都で鳥渡お散歩 六角堂は楓も銀杏もまだまだ鮮やかな秋の彩り 池の白鳥も悠然として優雅に泳ぐ 鴨川では心配になるくらい冷たそうな水面に鴨が集う 福良雀はまるで塩豆のような南京櫨の白い実を啄む 鳶は開いた扇子を落としたように錐揉みしなが…

sora_no_iro

閉寒成冬・・空寒く冬となる。 閉寒とは塞ぐという意味・・塞ぐとは寒さから守るという意味。 決して鬱々と閉ざすという意味ではない。 百日紅は、その実に空の色を吸わせる。 いつの日にか、その実が夏の空に映える紅い花を咲かせるために。