遠近 ochi-cochi

今日も今日とて花逍遥

Rakuchu rakugai zu

香川県 善通寺のつづきの前に…。

京都にて賀茂(葵)祭を見物してまいりました。

小雨の中、賀茂街道にて。

f:id:ochi_cochi:20140516181551j:plain

対岸は半木の道 Nakaragi no michi 

ミストのような雨、瑞々しくて、新鮮で生気のある空気、

胸いっぱい吸い込んで行列を待ちます

f:id:ochi_cochi:20140516160057j:plain

先ずは平安騎馬隊が行列全体を先導。

f:id:ochi_cochi:20140516160624j:plain

乗尻 Norijiri 

行列の先導で、上賀茂神社の競馬会(うまくらべ)の騎手。

その後騎乗した役人たちが続く。

f:id:ochi_cochi:20140516164207j:plain

牛車 Giisya(御所車)

車役の中でもひと際赤い衣服の牛童(うしわらわ)が目を引きます。

f:id:ochi_cochi:20140516170230j:plain

勅使 chokushi (近衛使 Konoezukai

行列の主役はこの天皇の使いの勅使。

でも今は勅使に取って代わり斎王代 Saioudai が主役になっているようです。

まあ、斎王代の方が華やかですからね ^^

f:id:ochi_cochi:20140516165604j:plain

風流傘 Furyugasa

傘を持つ役の取物舎人 Torimonotoneri 

腰に挿した花が可愛い ^^

f:id:ochi_cochi:20140516172231j:plain

命婦 Myoubu は、女官のこと。

花傘を差し掛けられて優雅です。

f:id:ochi_cochi:20140516172654j:plain

そして美しいです。

f:id:ochi_cochi:20140516172831j:plain

そして可愛いお練りです ^^

f:id:ochi_cochi:20140516173930j:plain

そしていよいよ。斎王代 Saioudai 

f:id:ochi_cochi:20140516174900j:plain

命婦 Myoubu 

この頃になると衣はすっかり濡れて。

f:id:ochi_cochi:20140516175426j:plain

騎女 Munenorionna 

斎王付の神事を司る清浄な巫女 Mikanko

f:id:ochi_cochi:20140516175810j:plain

この命婦が目の前を通り過ぎた瞬間、頭がぼーっとしてきました。

祇園祭のようにお囃子が無いので、馬の蹄、

牛車の車輪や、人の足音、木の葉を打つ雨音が重なって、

耳の奥が痺れるような感じ。

賀茂川の対岸は植物園の大きな樹、半木の道の桜の緑、

微かに聴こえる川のせせらぎ、

それに雨曇りの空が新緑の緑を吸って膨張した大気。

目の前を通り過ぎてゆく行列。

ちょっと夢を見ているような、幻想的な感覚。

不安はなくて、なんとなくふわふわした気分でした。

f:id:ochi_cochi:20140516182554j:plain

牛車には藤の花以外にも色んな花が飾られていました。

f:id:ochi_cochi:20140516183815j:plain

初めての葵祭、うららかなお天気でまた観たいです。

雨の行列も良かったですが、雨傘を差していたり、

牛車にビニールのホロがかけてあったのがちょっと残念でした。

また来年 ^^

f:id:ochi_cochi:20140516182907j:plain

雨の葵祭はあっという間に通り過ぎて行きました。

そしてまた、いつもの景色になりました。

f:id:ochi_cochi:20140516184123j:plain

賀茂川沿いには雨に濡れた 赤詰草 Akatsumegusa

紫陽花の上生菓子みたい ^^

f:id:ochi_cochi:20140516184137j:plain

タンポポの綿毛がびしょびしょ

乾いたらまたふわふわになるかな?

f:id:ochi_cochi:20140516184734j:plain

帰り道、京都駅で電車を待ってたら、

空から落ちるように飛んできました。

磯鵯 Isohiyodori

ヒヨドリって名前だけど、鶇 Tsugumi の仲間。