遠近 ochi-cochi

今日も今日とて花逍遥

Kobe calling

薄曇りの夜空に  後十三夜

f:id:ochi_cochi:20141106001350j:plain

171年ぶりだって言うから一生に一度っきりだと

きのうは楽しみにしていたのに

神戸だけ薄い雲が棚引いているらしい

おまけにぽつぽつ雨まで降っていて

もう日付が変わっているけどカメラを持って公園へ

暗い公園をひとり歩いていると少し心細い

さあカメラを月に向けるけど三脚が無いからブレる

そこでフェンスの柱にカメラを押し付けてシャッターを切る

でも結局こんな怪しい写真になった

あまり満足できなかったので面白くない気分になった

少し不貞腐れてベンチに座って月を見上げた

雲は途切れる気配を見せない

南から風が吹いていて潮の香りがする

海からの湿った空気が六甲山に当たり雲が生まれる

天気予報は明日もくもり

きょうはもう諦めるよりほか仕方がないと思っていると

急に風が紅葉した樹々をざざざぁーと揺らした

うぅぅーっと風を切る音も宙を走る

黒い空より黒い樹の影がお化けに見える

ちょっと怖くなって帰る事にした

歩き出すボクの背後からだけ風の騒ぐ音がする

背中に何かが触って来る様な錯覚にカラダがおびえる

ううって声が出そうになるのを我慢して歩く

怖いけど歩く

だって一度走り出したらもっと怖くなるから

夜の闇はボクが怖くなって逃げ出すのを見たいんだ

退屈しのぎにオドロしい音をたててボクを試しているんだ

ようよう公園を出て幹線道路まで来ると

背中が冷たくて硬くなっていた

用もないのにコンビニに入って牛乳を買った

帰宅して温かいミルクティーを飲んだ

ようやく血液が流れ出しカラダが熱を帯びた

もう夜の公園には行かない事にした

こんな夜はミルクティーに限る